寶玉稲荷


 








 
2005年5月にお稲荷さんの参道入り口に鳥居を作りました。
この鳥居の上部に文字を揮毫しました。


山室良峰書






寶玉稲荷(ホウギョクイナリ)
 寶玉稲荷は我が家から徒歩2分、神奈川区栗田谷にあります。
市立栗田谷中学校のすぐ下にありますが、高台ですので反町駅周辺から横浜ベイブリッジまでよく見えます。
江戸末期のころ、滝の川の洪水によって上流から流れついた御神体を石川氏を中心にして地元の人たちが御祀りしたと言い伝えられています。
当時この地は、宝玉山(現在の栗田谷)と呼ばれ、横浜開港当時イギリス領事館に使われた日蓮宗の古刹、淨瀧寺の土地に開き、以来講中の方々によって守られています。
二月の初午祭は反町や松本町を見下ろす丘に有って、朱色の鳥居や幟などが美しく調和しています。


ごあいさつ

好風
和楽
三陽開景運
お稲荷さん
守愚

扇面
雲林野思幽夢
風静語丹鳥

養愚
楽壽



心平壽自長
好太王碑
幽貞
隷書千字文
間中酒静裏泉
味楽

平安
致寛
四面豊穣
清浄




長楽萬年

吉祥・豊楽
払 塵
性静者多壽考

大賞受賞作品